ニュース一覧

便利な土嚢袋

工事現場

利用用途も様々です

大雨による災害などの時に良く見かけるのが、中に砂が詰まっている土のう袋です。みなさんの中にも見かけた人、また、実際に利用した人など様々だと思いますが、そもそも土のう袋とはどのようなものなのでしょうすか。土どのうと言うのは、布袋の中に土砂などを詰めて利用する土木資材のことです。この土砂を詰め込んだ袋を縛り、積み上たりすることで、災害時に発生する水や土砂の移動を防止できます。このように、水害が起きた際の応急対策や土木工事などに利用されることが多いですが、その他にも、爆発物処理や、銃弾や砲弾破片を防止する遮蔽物などとしても良く用いられています。また、土のう袋の使い方はとてもシンプルであり、専用の袋の中に砂や土などを入れて使用するだけです。前述のように、水害などの災害が起こった時や、土木工事、そして軍事的に利用されるのが一般的ですが、その他にも、栽培用としての使用や植生用など、その使い方は多岐にわたっています。また、最近は、土を詰めなくても使える土のう袋もあるようです。 さて、とても便利な土のう袋ですが、ガラ袋との違いが気になる方もいるかもしれません。ガラ袋というのはその字の通り、ゴミや廃材などのガラを入れる専用の袋になります。また、簡単に破れないように、PPやポリプロピレンなどで作られているのが特徴です。そしてサイズは、できるだけ大きなガラを入れるため、60センチ×90センチが基本的なサイズとなっており、土嚢袋より大きめです。

Copyright© 2018 お店の浸水対策には土のう袋がオススメ【人気製品の特徴をリサーチ】 All Rights Reserved.