ニュース一覧

ステージ

専門的に作ってもらう

映画館や講演会会場といったところでは、備え付けの折りたたみ式の客席が利用されるものです。使わない時は折りたたんでおけるので重宝します。このような椅子は専門的に業者に作ってもらうため、費用がかかります。

土のう

選ぶ際の基準

土のう袋には様々な用途があります。土を入れる袋という点では同じですが、様々な価格のものが販売されています。どんな場面で何に用いるかによって、求められる機能性が異なります。その用途を踏まえたうえで検討すると、良い選択の基準になります。

作業員

席の設置が容易

ホールや広場などに客席を設置したい場合には、折りたたみ式の客席利用が最適である。折りたたみ式であれば、必要時に設置し不要時には折りたたみ片づけることができる。また、リースなどで利用する際に運搬の利便性が高い。

工事現場

便利な土嚢袋

災害や土木工事などで良く見かける土のう袋、実際の用途も様々です。また、ガラを入れるガラ袋よりサイズは小さく、土を入れないでも使用できる袋なども出ています。それぞれにな特徴がありますので、一度確認しておくといいでしょう。

椅子

簡単に設営可能

イベントなどには客席を用意する必要がありますが、折りたたみ式のものだと設営と撤去が簡単になるのでおすすめです。20人ほどが座れるもので50万円ほどですが、人数が増えると飛躍的に値段も高くなります。形のバラエティーも様々で、使う状況によって選び分けるのがポイントです。

浸水被害を防ぐには

土のう袋

職場やお店でも使いやすい

土のうは作業工事に従事する会社にとって、なくてはならないものと言えるでしょう。しかし、それ以外の人にとっては土のうなんて全く縁のないものというイメージが強いです。従来の土のう袋は麻袋が主流でしたが、現在はポリエステル製の袋が主流になってきています。最近ではゲリラ豪雨が増えてきた影響で、店舗や職場の中に雨水が入り易い傾向があります。せっかくの店舗や商品、パソコンや重要な資料などがダメになってしまう危険も増えてきました。しかし、従来の土のう袋は砂や土を詰め込むので非常に思く、運ぶのが非常に大変で保管場所もスペースを取りがちでした。そもそも土や砂を詰め込むことができない職場や店舗もあり、浸水対策はあまり進んでいないのが現状です。ですが、最近の土のう袋の中には中に土や砂を入れなくても良いですし、吸水性ポリマーを使った土のう袋が販売されるようになりました。水をかけるだけで土のうとして機能することができ、格段に使いやすくなったものも出てきました。これならば保管するスペースに困ることがありません。非常に軽くて扱いやすいので、これから浸水対策を取ろうとしている店舗や職場ではこのタイプの土のうを導入するところが増えてきています。値段も一袋当たり2000円ほどと安くなっており、未開封なら数年持つのでまさに防災用品としてはうってつけの土のう袋です。今後、ゲリラ豪雨などによる職場や店舗を浸水を防ぐためにも、従来より機能が高くなった土のう袋をぜひ導入してみてはいかがでしょうか。

Copyright© 2018 お店の浸水対策には土のう袋がオススメ【人気製品の特徴をリサーチ】 All Rights Reserved.